スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神戸のパンダ2頭、あと5年間滞在延長(読売新聞)

 神戸市の矢田立郎市長は7日、市立王子動物園(灘区)のジャイアントパンダ「コウコウ」(雄、14歳)と「タンタン」(雌、14歳)の中国とのレンタル契約(10年)が2015年までの5年間、延長される見通しになったと発表した。今年7月に契約の期限切れを迎えるため、市が昨年10月から中国側窓口の中国野生動物保護協会と交渉していた。最終協議を経て、9日にも北京市で協議書に調印する。

 王子動物園には2000年7月、日中共同の飼育繁殖研究を目的に、阪神大震災の被災者激励の意味も込めて初代コウコウとタンタンが来園。初代コウコウは繁殖能力が低く02年12月、現在の2代目と交代した。08年には国内で20年ぶりに人工授精で出産したが、赤ちゃんは生後4日目で死んだ。その後は妊娠していない。

 新たな契約では、年100万ドル(約9200万円)だった寄付金を同50万ドルに減額し、2頭の年齢などを考慮して期間も半分の5年とする。

 矢田市長はこの日の定例記者会見で「市民から延長を望む声が多く寄せられていた。引き続き人工授精に取り組み、早く2世を誕生させたい」と話した。

 国内のパンダは王子動物園の2頭のほか、和歌山県白浜町のアドベンチャーワールドに6頭がいる。2011年には東京・上野動物園で雄雌1組の飼育が復活する。

野口さん帰還 日本の有人活動に土台 宇宙開発“1軍入り”(産経新聞)
<最高裁>親子見学会、7月下旬に開催(毎日新聞)
<鳩山首相>続投姿勢崩さず 三者協議は継続(毎日新聞)
名簿業者から購入、9千人データ振り込めに悪用(読売新聞)
<鳩山首相退陣>「自業自得」「後任期待」…知事に失望感(毎日新聞)
スポンサーサイト

取り調べの違法一部認定 大阪高裁(産経新聞)

 検事が違法な取り調べをしたとして、傷害の非行事実で保護観察処分を受けた男性=処分当時(19)=と国選弁護人が、計660万円の国家賠償を求めた訴訟の控訴審判決が27日、大阪高裁であった。岩田好二裁判長は、国に対して男性と弁護人に計66万円を支払うよう命じた1審京都地裁判決を変更、弁護人の請求を棄却した上で取り調べの一部は違法と認定し、男性に22万円を支払うよう命じた。

 1審判決は、検事が「弁護人は弁護士になって1年もたっておらず、(男性が)かわいそう」などと述べた発言について「弁護人依頼権の侵害で違法」と認定したが、岩田裁判長は「単純な悪口で、弁護人との信頼関係を損なうこともなかった」と判断した。

 一方、別の検事が机をけり上げたり、「とことんやったる」と述べたりしたことは1審判決を支持し、違法と認定した。

【関連記事】
取り調べに光、圧巻の心理戦 ドラマ「落としの金七事件簿」
取り調べに問題29件 監督官制度で警察庁発表
「人質司法」「調書裁判」欠点克服の契機
検察側、取り調べ録音テープなど開示 「狭山事件」で
重大事件に絞った導入も 取り調べ可視化で千葉法相

受信料不払い5人に強制執行 NHK(産経新聞)
西日本大雨、兵庫で記録更新 大阪では休校77(産経新聞)
福島担当相罷免 連立離脱へ 始まった鳩山降ろし(産経新聞)
<不同意堕胎>「勤務先から子宮収縮液入手」と供述(毎日新聞)
「船の祭典2010」スタート=香川県〔地域〕(時事通信)

37歳経営者を逮捕=渋谷でバカラ賭博の疑い―警視庁(時事通信)

 東京・渋谷でバカラ賭博場を開くなどしたとして、責任者や客ら16人が逮捕された事件で、警視庁組織犯罪対策4課などは18日までに、賭博開張図利容疑で、埼玉県朝霞市仲町、無職古賀雄一容疑者(37)を逮捕した。
 同課によると、容疑を認めている。古賀容疑者は賭博場の経営者という。
 逮捕容疑は11日、渋谷区道玄坂の雑居ビル6階に賭博場を開き、バカラ賭博で客から手数料を取り、利益を得た疑い。 

【関連ニュース】
バカラ賭博容疑で16人逮捕=300万円を押収
中込氏が一部罪状認める=プロ野球八百長事件で初公判
暴力団勢力、2.1%減=覚せい剤、詐欺の摘発増加
芥川賞、直木賞候補決まる=「大森兄弟」らが初

<小沢幹事長>早ければ一両日中にも事情聴取か 東京地検(毎日新聞)
伊丹から上海にチャーター便 ひょうごツーリズム協会(産経新聞)
「麗子」像傾き、区が被害届=人為的に曲げられたか―東京・亀有(時事通信)
皇太子さま、淡路島を訪問(時事通信)
パンから5cmのカッター刃…口に入れ気付く(読売新聞)

教職員人事権移譲を大阪府北部5市町が広域連携で受け入れへ 全国初(産経新聞)

 大阪府の橋下徹知事が推進する市町村への教員人事権の移譲について、府北部5市町の首長が10日、初会合を開き、平成23年度から公立小中学校教員の採用や異動などの権限を広域連携で受け入れることで合意した。早ければ同年夏にも採用試験を行い「地域密着型」の教育を目指す。移譲が実現すれば全国初となる。

 5市町は豊中、池田、箕面の3市と豊能、能勢の2町で、圏域の人口は約66万人。

 会合では、5市町と府、各教委で構成するプロジェクトチームを6月上旬にも設置することや、広域連携で積極的に移譲を受けることで合意。今後、法制度を踏まえながら採用可能な人数などについて具体的に話し合いを進める。

 記者会見した浅利敬一郎・豊中市長は「地域に密着した教職員の採用は子供にも地域にもプラスになる」とメリットを強調。一方、移譲には教育委員会などの反発も予想され、倉田薫・池田市長が「教育委員会の意向を確かめながら新しいスタートを切りたい」と配慮をみせる一幕もあった。

 教員人事権の移譲は橋下知事が提唱。文部科学省は、採用や異動などの権限は法改正をせず、都道府県の特例条例で移譲できるとの見解を示している。

【関連記事】
教員人事権移譲 優秀な先生確保なら歓迎
教員人事権5市町が受け入れPT 大阪、連休明け発足
市町村に小中学校教員の人事権 文科省、移譲認める方針
橋下府知事、「市町村への人事権移譲について文科省はOKだった」
教員人事権 大阪府から5市町に移譲へ 全国初

雑記帳 銘酒「男山」Tシャツ発売 ユニクロの企業コラボ(毎日新聞)
<日航機>大阪空港着陸時に尻もちで火花 けが人なし(毎日新聞)
支持率低下「普天間も要因」=鳩山首相(時事通信)
通販窃盗容疑6人逮捕 中国サイトでカード情報1800件入手か(産経新聞)
日銀が2兆円を即日供給=昨年12月以来-市場に安心感与える(時事通信)

東大元副学長ら科研費不正隠す(産経新聞)

 東京大は23日、元副学長が委員長を務めた内部調査委員会が科学研究費補助金の意図的な不正使用を隠す虚偽報告書をまとめていたことを明らかにした。元副学長と元監査担当理事の役員2人が関与していた。関与した委員会スタッフの課長3人と副課長の事務職員計4人を戒告の懲戒処分としたが、役員2人はすでに退職しており、浜田純一学長から遺憾の意を伝えるにとどめたという。

 東大によると、内部調査委員会は平成20年12月、大学院農学生命科学研究科教授が、物品の架空発注で業者に金をプールさせるなどして部下の研究費を感熱紙購入などに充てていた事実を隠し、「物品を誤って重複発注し、返金を受けずに預けていた」とする虚偽の報告書を作成した。

<TDL>M・ジャクソンのアトラクション 7月から再導入(毎日新聞)
「維新の会」府の資料流用 マスタープラン 橋下知事が陳謝(産経新聞)
両陛下、みどりの式典にご出席(産経新聞)
首相動静(4月24日)(時事通信)
賠償命令26億円に減額=西武鉄道株名義偽装-東京高裁(時事通信)
プロフィール

ミスターこうじいちの

Author:ミスターこうじいちの
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。