スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仁別森林鉄道

仁別森林鉄道(にべつしんりんてつどう)は、秋田市北東部に路線網があった秋田営林局(現 東北森林管理局)の林用軌道の総称である。国鉄秋田駅東側隣接地にターミナル兼貯木場を持ち、一級河川で雄物川支流の旭川の谷沿いに路線があった。路線 この節は執筆中です。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。 現在は登山道となっている、旭又線のインクライン跡すべて軌間762mm。仁別線秋田駅 - 松原 - 仁別 (12.314km)本線格の路線。沿線住民の利便のため、この区間のみ旅客列車も走っていた。仁別駅は現在の秋田中央交通中島橋バス停付近にあった。旭又線仁別(仁別駅手前で仁別線から分岐) - 務沢 - 旭又 - (7.578km)本線格の路線。途上に約500mのインクライン区間が存在した。太平山登山道にある御滝神社から奥に分け入り、旭又沢とぶつかる点が終点。軽井沢線務沢(務沢駅手前で旭又線から分岐) -砥沢線仁別 - 砥沢中ノ沢線仁別 - (4.918km)奥馬場目支線- 北ノ又 (10.538km)杉沢森林鉄道(五城目営林局)との渡り線で、峠越えの区間に約400mの隧道(水無沢隧道)があった。代替バス秋田中央交通 仁別リゾート公園線運行頻度は1時間に1本程度。旧旅客営業区間をカバーしている。秋田市交通局時代の一時期は務沢駅跡に近い仁別森林博物館まで行く「仁別国民の森線」も運行されていた。秋田中央交通 秋田温泉線運行頻度は1時間に2本程度。仁別リゾート公園線と完全に重複している。歴史明治41年(1908年) - 建設開始。明治42年(1909年) - 仁別線開通。大正元年(1912年) - 旭又線開通。大正4年(1915年) - 中ノ沢線開通。昭和元年(1926年) - ホイットコム製ガソリン機関車導入。昭和8年(1933年) - 奥馬場目支線開通。昭和34年(1959年) - 全車ディーゼル機関車化。昭和41年(1966年) - 廃止。昭和43年(1968年)9月 - 全線撤去。廃止後の跡地利用 秋田高校正門下。左が廃線跡、右は県道15号の旧道。仁別線・旭又線は廃止後、市街地の一部は生活道路に、その他および山間部はサイクリングロードや遊歩道・太平山の登山道に転用された。秋田高校正門下の一段低くなっている道などが廃線跡である。しかし旭川ダム建設や仁別リゾート公園造成、県道拡幅など

保険代理店役員、殺人で逮捕=顧客1人暮らし女性刺殺-宮城県警(時事通信)
彫刻家、雨宮淳氏が死去(産経新聞)
<介護報酬不正受給>松坂市が8000万円返還請求へ 三重(毎日新聞)
1票格差2・30倍は平等に反する程度…東京高裁(読売新聞)
殺人時効の廃止答申、改正法案を今国会提出へ(読売新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミスターこうじいちの

Author:ミスターこうじいちの
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。